So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

貿易戦争;狂ったかトランプ [国際]

昨日、発効したトランプ保護関税に抵抗するEUの報復関税。

中間選挙を控え、政治的効果を狙いトランプ支持州、共和党有利州の輸出品を狙い撃ち。

その例;

・中間選挙で与野党伯仲のフロリダ州の特産でEU向け輸出の目玉、オレンジジュース。

・米上院の共和党院内総務(共和党議員代表)マコーネル議員のお膝元ケンタッキー州の象徴的輸出 品のバーボンウイスキー。

・米下院の共和党院内総務、議会議長の出身州、ウィスコンシン州の看板商品、モーターバイクの  ハーレーダビッドソン、果実のクランベリー、そのジュース。

・(参考)今回EUの報復関税率は25%、例外はカードゲイムに使うトランプだけで10%。


トランプは即刻トウイターで"EUの新関税を撤廃しないならアメリカは欧州からの自動車輸入に20%の報復関税をかける。”と威嚇。

瞬時に、ドイツの自動車メイカー、BMW、フォルクスワーゲン、ダイムラー株が下落した。

共和党内部から、トランプよ、いい加減にしろとの羽交い締め工作が起きている。

商務相ロスに対する風あたりは激しく、鉄鋼、アルミ製品に次いで、またもや不可解、非合理の”国家安全保障”の事由で自動車輸入を制限すれば、世界の反撃は無論激しくなり、物笑いだと厳しい。

トランプの支離滅裂な経済外交で、先週、主要ファンドの国際株式市場からの資金引き上げは最近最高額になった。

世界主要企業が、トランプの行き当たりばったり、子供喧嘩の様な不安定さを嫌い、世界各地での投資を控えだしている。


バイロン


nice!(0)  コメント(0) 

ギリシャ全快祝い [欧州]

8年の長きに亘りギリシャの財政は困窮のどん底にあえいできた。

EU、他の国際金融機関は三度に亘り総額2800億ユーロに及ぶ救済資金供与を続けてきた。

最終の援助は、2015年に860億ユーロが欧州安定機構の仕組みから供与されている。

供与条件にギリシャの金融財政および政治に、合計450項目にも及ぶ改革注文がついた。

最後の緊急融資返済期限が今年の8月。

ギリシャは見事に苦境を乗り越えた。

先週、19カ国のEUユーロ圏財相会議が続き、ギリシャは8月の返済に問題なく、条件の改革も完遂し、今後、あらゆる外部救済資金の必要が無いと合意。

9月以降、ギリシャは、国際金融市場に完全復帰することとなった。

祝、ギリシャ回復。

バイロン

nice!(1)  コメント(0) 

EU対米報復関税発動 [国際]

本日、EUはアメリカの鉄鋼、アルミ製品に関する保護関税賦課に対し、アメリカからの輸入品に報復関税を実施した。

EU事務局は下記強調;
 1)アメリカの課税は、国際法違反でEUはWTOに提訴している。
 2)今回の報復関税はEUにとりアメリカからの輸出が消滅しても代替品が他国から輸入できEU市  民に迷惑はかからない。
 3)新課税はあくまで防衛的であり、EUはアメリカと対話を続け、事態の復旧に努める用意あり。

EU新報復関税、主たる対象品目は下記(年間総額340億ドル相当の輸入品対象);
 ・鉄鋼製品。台所用品まで含む細かな製品
 ・衣服、ベッド カヴァー、ジーンズを含む繊維製品。
 ・革靴
 ・化粧品。口紅、目のメイクアップ等。
 ・500CC以上のバイク、モペット。レジャーボート、ヨット、カヌー、手こぎボート。
 ・食料。大豆、米、クランベリー。クランベリージュース、オレンジジュース。トウモロコシ、
  ピーナツバター。
 ・"悪徳商品”-バーボンウイスキー、葉巻、あらゆる種類のタバコ。


尚、詳細適応税率は不明。

バイロン
nice!(0)  コメント(0) 

常習放火犯ートランプ [国際]

ドイツ DW紙論説。

トランプが得意げに実施したゼロ トラレンスの移民対策。

2週間で2000名のいたいけな幼児をアメリカ移住を希望する母親から切り放し、隔離して惨めな収容所に密閉。(近代史に類を見ない残虐行為)

国境ばかりか、国内の違法移民対策に"移民の国"アメリカの伝統とは真っ向からぶつかる非人道的、非道徳的政策を次々と繰り出している。(違法移民の摘発は、ナチ警察のユダヤ人狩りに似ている。)

トランプは国際社会の猛反発で、母子分離政策を一時停止。

今更、馬鹿げた事に"人道的政策"を取ると得意げに自画自賛。

一方、独りで北朝鮮の核の恐怖を演出し今度は独りで和平努力を演じる。

トランプのやり口は、常習的放火魔に類似する。

あちこちに火を放ち、自ら鎮火して功績とする。


リンカーンの大政党、共和党は何処へ行った。

異常人物トランプを抑えきれず、今や活気の無いおべっか使いの団体と成り下がったか。


バイロン

nice!(0)  コメント(0) 

世界最年少女性首相の出産;ニュージーランド [アジア]

昨年、暮れに選出されたニュージーランド首相ジャシンダ アーダーン女史は37才。

同国では、三人目の女性首相だが、世界で最年少の女性首相で、且つ、現職首相として出産する世界二番目の首相となった。

昨日夕刻、オークランドの病院に出産のため入った。

正式婚姻では無く、首相の"パートナー”はテレヴィで釣り番組を担当する人物。

新生児の性別は公表されていない。

昨夜から、首相職は副首相が代行。

アーダーン首相は出産後6ヶ月の休暇が認められる。

尚、世界最初に首相在籍のママ、出産したのはパキスタンのブット首相だった。


バイロン

nice!(1)  コメント(0) 

ブルンバーグ氏民出党支援に [アメリカ州]

元ニューヨーク市長、億万長者のブルンバーグ氏は第三党、独立派として知られるがこの度、11月の中間選挙では野党、共和党に8000万ドルの資金提供し、支援すると宣言。

トランプの共和党は民主党との対立のみ強調し、歴代大統領で最も少ない立法数しか議会を通せなかった、とし為政者として"失格”と決めつけた。

彼は下院で民主党が多数を取り戻す23議席の獲得は十分可能だと予測し、しかし、選挙戦で、民主党の公約をあからさまに”トランプ弾劾”とすることを批判。

トランプが壊した与野党の協調の精神、法の秩序の回復、を選挙目的とすべきだと主張。


バイロン
nice!(0)  コメント(0) 

トランプ後退;移民母子分離 [アメリカ州]

入国を求める母子に入国監査の間、母子を分離し、いたいけな幼児を籠のような容器に閉じ込める写真と、幼児の悲鳴がインターネットに流れ、トランプとその一味の代表格法務省長官セッションの厳格な移民対策ーゼロ トラレンスーに対する非難が全米を覆った。

昨日、トランプは大統領命令を発し、母子分離の停止を命じた。

具体的方法の指示は無く改善の行方は見えない。

中間選挙をひかえ、共和党内部から、トランプの非人道的移民政策に同意の動きをすると、同党候補の当選が危ういとの懸念が蔓延中。

与党陣営に亀裂が深まっている。

バイロン
nice!(0)  コメント(0) 

またもやトランプ外交ー国連人権委員会から脱退 [国際]

口先のデイベイト技術では世界最高峰。

黒を容易に白と言いくるめる口先文化大国、アメリカ。

今度は、トランプが国連人権委員会から脱退の決定。

国連のこの重要委員会はジュネーヴに本拠を置き世界主要国47カ国がメンバー。

先に国連総会でトランプのイスラエル大使館のエルサレム移転に関して燃え上がった国際社会の抗議。

素手で立ち上がったイスラエル在のアラブ人にイスラエルは軍を差し向け実弾を使用して鎮圧した。

国連は総会で、イスラエルの過剰武力使用に非難決議を行ったがアメリカが、反対。

人権委員会でも同様イスラエル懲罰動議が合意されたが一人アメリカが反対。

今回の脱退は、委員会の全会一致のイスラエル非難に関し、ただ一人、何でもイスラエルの言うとおりとなるアメリカ、特に一家を挙げてイスラエルと近いトランプが取った異常決定。

しかし、泥棒にも5分の理ありという。

ご興味ある方はアメリカ国務省発表をご一読あれ。

バイロン
nice!(0)  コメント(0) 

米中貿易戦争ートランプの良いところ;いい加減さ [経済]

昨日、トランプは中国からの輸入品に賦課すると公表した保護関税の対象品目の内、40億ドル相当のテレヴィは例外とすると宣言。

亦、発表済みの課税品目の内、160億ドル相当に付き、再検討すると宣言。

これに応じて、中国は、アメリカからの輸入品に対する報復関税対象から航空機を除外。(ボーイング社の株価ははね戻っている。)。

トランプが威嚇しているセミコンダクター関連品目の新規輸入関税だが、現在、中国からアメリカに輸出中の製品は87%がアメリカを主に海外企業が中国で製造中のシロモノ。

中国を懲罰しようとしても、自国企業をいじめて自分の腕を切るような物。

今後の米中貿易戦争の行方だが、一部識者は、トランプの"良いところ”は万事口先ばかりで、”実行性が無いところ”で、今後、対中の保護関税の増加、乃至、中国の報復に対するさらなるエスカレイトは実行されまいと、冷めた見方をしている。

バイロン
nice!(0)  コメント(0) 

母子を分離するトランプ [アメリカ州]

過去6週間でアメリカに移住を望む母子は、審査のため、亦違法入国者では無いかとの容疑のため国境で足止めされ、母子が分離されて2000名の幼児が母親と引き離され、収容されている。

トランプの移民法の"ゼロ忍耐"なる厳格な適用。

流石に議会、共和党内部からも、前ファーストレイデイー、ブッシュ夫人からも、あらゆる階層から、トランプの"非人道的、非アメリカ的、非キリスト教的"残虐行為と、非難囂々。因みに彼女は、トランプの施策は、先大戦中アメリカが日系アメリカ人を迫害したケイスと酷似していると指摘。

今度は、トランプ夫人も、分離は悲劇的と、亭主を非難したようなスタンス。

騒ぎは大きくなってきた。

バイロン
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -
メッセージを送る