So-net無料ブログ作成
検索選択

オペル何処行く [欧州]

アメリカの自動社会社GM,何とか欧州の事業から逃げ出せたと思ったのに、またまた難物に遭遇。

所有していたオペル(ドイツ)、ヴォグゾール(イギリス)をカナダの自動車部品メイカーマグナに、売り逃げたと思ったのに。

昨日、ブラッセルのEU委員会、競争担当相から、ドイツ政府に対して正式な書簡が発せられた。

その内容;
”ドイツ政府のオペル支援資金はEU競争原則に反する疑いがある。
GMは保有株の売却を公開入札で行なおうとしたが、ドイツ政府は、政治的にマグナを選択して、公正競争を阻害した。
その為に、ベルギーファンド、イタリーのフィアット中国の自動社会社に公平な機会を与えなかった疑いがある。
説明せよ。”と言うもの。

本欄で大分触れてきたが、マグナは今後欧州中にあるオペル、ヴォグゾール工場の合理化を進める。
工場の閉鎖や、人員整理が進む。
ところがドイツ政府だけ、オペルの再建を助けるとして国家資金約、4000億円の提供を約している。
その代わり、ドイツ内の工場閉鎖、人員整理は控えめにしろとの交換条件がついている。

だから合理化の「被害」は、他国に集中する。
工場のある、イギリス、スペイン、ベルギーポーランド等からドイツ政府に対して不満の声が上がっていた。

EU委員会は、MG/マグナの合意を反故にできる力を持つ。

さてまた頭の痛くなるハードルが出てきた。

自由市場原理とは相容れない過剰な政府援助の矛盾である。

バイロン

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る