So-net無料ブログ作成

Made in Paris <女子会> [連載ーMade in Paris]

先週の日曜日、我家に娘の高校仲間7人が集まった。家庭事情で誕生会が開けなかった親友の1人の誕生日を誰かの家でやることになり、ぐうたら娘に白羽の矢が立った。部屋のダブルベットや洋服ダンスは、ぐうたらママの部屋に移動。サロンの1人がけソファー2つを長椅子にして娘の部屋に納め座れるスペースを作った。結局主役はなんらかの事情で現れず、急遽誕生会から女子会に早変わり。18歳は積極的。「Bonjour Madame!」と家具に囲まれて狭くなってしまった部屋に入ってきて挨拶してくれた。これでは、のほほんと寝てられないので、サロンから部屋に引っ張ってきたテレビを見て終了時間を待ちわびた。女子の声でテレビの音は聞こえない・・・;様子見したくても娘の事を考えて邪魔してはいけないと思い、静かに身を潜めていた。それでも好奇心をそそり、携帯を娘に渡して数枚写真を撮ってくれるように頼んだ。話しながら皆自分の携帯を見ていたり、仲間同士で写真撮影している様々な構図。なんだ、ここでも片時も携帯を手放さずだ。肌身離さずメールをチェックし、着信があることで安心するのか。しかし、メール相手の主要な仲間達は目の前に居るのだ。話していても物足りないのだろうか。この子達の携帯は、人生の一部らしい。ペットのようなものか。主治医みたいなものか。携帯のない時代に育ったぐうたらママには、訳が判らない。誰かが作ったケーキを食べて時間通りに解散。集まるのに理由はなんでも良いように思えた。最後の一切れのケーキを残してくれたので有難く頂いた。ぐうたら娘にとっては、大事な時期を共にした友人仲間との短い時間。ぐうたらママは、娘にとって生涯の友になるだろう、そして今後次代を担う、健康的な環境と素敵な未来つくりをしていってくれる子達だと思い、3時間と言う長い時間をぐっと耐え抜いた・・・充実感に浸る。舞
nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 5

バイロン

舞様、
18歳のパリジエンヌの集会。密かに拝見したいものです。スマフォが主役とは驚きますね。ところでフランスの飲酒年齢はどうなっているのですか。幼少のころからワインは水替わりでしたよね。
by バイロン (2015-11-02 16:09) 

舞

お久しぶりで御座います。小さい子達と違い、大きい子は、スマホがホストしてくれるので助かりますね!

フランスの飲酒年齢は、特に厳しい条項なく、家で飲む分にはいつからでも良い感じです。但しアルコール度数の低いものに限り、18歳以降になると度数の強いものがOKとなり、店で購入可能となります。

フランス人家庭では、様々ですが、4-6歳より親のワイングラスをチョロリ程度から始まり、15歳には度数の低いワインやビールなどは飲めるようになっているようです。
by 舞 (2015-11-02 19:11) 

バイロン

舞様、
なるほど、ワインについては早くから大人扱いですね。ついでに知りたいのですが、フランスでは運転免許はいくつから取れるのでしたか?また免許の延長に試験はあるのでしたか?

by バイロン (2015-11-03 14:50) 

舞

フランスで、普通運転免許証取得は、18歳です。17歳半から普通運転免許証取得の為の試験が受けれます。免許証は、18歳の誕生日に取得して、その日から運転が出来るようになります。

あと、15歳から大人同伴*で運転可能です。
(*同伴者は、普通運転免許証を取得して5年経っている、又、過去5年間に免許証の取り消しや無効化の対象となっていない)

今迄永久であった運転免許証は、2013年1月19日から15年おきに更新することになりました。アイデイテイテイ-の管理や、住所のアップデート、不正を封じるためです。

再申請の際には、簡単で、書類をupdateするだけで、特に医師の診察などはいらないようです。但し、特殊カテゴリ-(救急車とか大型車)は別です。フランスでは運転に年齢制限はありません。体調に問題ない限りOKなんです。

今までの三つ折りのピンク色の紙カードは、今後2033年にかけて、滞在許可証と同じような名刺サイズのカードに置き換えられていきます。これはただ待つのみ。

来年以降から、ぐうたら娘も免許証の取得トライするようです。
by 舞 (2015-11-04 00:09) 

バイロン

舞様、
日本とは全くの別天地ですね。この国はお節介が嵩じて、箸の上げ下げまで行政が規制を作り、将にスターリンの行政国家です。運転免許となれば、多分世界の笑いものの、不自由さです。僕は70歳を超えて、3年ごとの免許更新が要ります。全く意味のない規制で、更新前に聴力、資力、記憶力など子供だましの役所の管理テストを経なければなりません。そこでもしこたま料金(税金)を取られます。国民(庶民)は信用しないと言うお上思想がまだ罷り通っています。
フランスは好いですねー。
by バイロン (2015-11-05 12:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る