So-net無料ブログ作成

長引くカタール問題 [中東]

アメリカテイラーソン国務長官がサウジに飛んででカタール問題の仲介に精を出している。

しかし、サウジ、UAE,バーレーン、エジプトのカルテットはさっぱり耳を傾けない。

長官はカルテットの要求―すなわち、トルコ軍のカタール基地からの撤退と閉鎖、中東唯一の自由報道機関アルジャジーラの閉鎖、賠償金支払い、を”過剰要求”として自制を求めるが、サウジは聞く耳を持たない。

サウジの有力紙はテイラーマンはカタール偏重で調整不能と謗る。

肝心のアメリカだが、テイラーマンの和平工作に水を差すように、トランプは相変わらずカタール非難のトウイッタ―連発。

大統領と国務長官の股裂き現象で、カルテットを一層頑固にしている。

バイロン
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る