So-net無料ブログ作成
検索選択

欲ボケ共のカルテル行為―オペックの破綻 [経済]

アブダビに集ったオペックメンバー国。

協定した原油生産枠を誰が破っているのか。

そもそも、各メンバーが申告する生産量の数値程、いい加減なものは無い。

互いに疑心暗義で見あってきた。

悪者捜しが漫画チックに展開している。

7月の生産量、肝心かなめのリーダー、サウジがオペック本部に通告していない。

疑心の目でにらみ合いの結果、協定破りで、増産した国が名指された。

イラク、エクアドル、カタール、UAE,ガボンである。

名指しこそ免れたがサウジも自ら協定破りの増産の様子。

初めから内戦で生産枠を課していない、ナイジェリア、リビヤは大増産。

結局、グループとして協定の生産枠をどれほど破って増産なのか正確なところは不明。

少なくとも、日量100万バーレルは下らない。

虚構の国際カルテル”オペック”の滅亡は明瞭。

馬鹿げた蜃気楼だ。

バイロン


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

メッセージを送る