So-net無料ブログ作成

トランプ ムン会談 [アジア]

来週は米韓トップ会談。

韓国新大統領ムンは保守派の前大統領とは逆行路線を行く。

社会運動家の左派。

既に,北朝鮮とは対話和平路線を提唱し,アメリカが持ち込むサードミサイルの設置を中断させている。(6基中2基の設置は終わっている)

新大統領はトランプに取り、”目障りな仲間”である。

トランプは既に単純幼児語で,サードの設置費用を韓国が負担せよとか,現在韓国に駐屯する28000名の米国兵士を引き上げるとか、米韓通商協定(コーラス)は、”ひどい(テリブル)”ので破棄するとか,例によって先行き不明の言辞ながらムンに圧力をかけている。

一方ムンの立ち位置だが、本気でアメリカと事を構えるのは狂気の沙汰で無理。

さて、両者初対面の結末は?

バイロン

米中関係悪化 [国際]

トランプ政府は台湾への武器輸出(本欄で昨日紹介)に加えて昨日、北朝鮮の核武装を補助していると中国の丹東銀行との取引を断絶、中国企業1社と数名の中国企業家(詳細不明)を制裁にかけ、さらに中国鉄鋼製品のアメリカ輸出に特別懲罰関税(アメリカ安全保障上問題ありとして)を課すと表明。

即時に中国は駐米大使を介して抗議を行った。

トランプー習近平の会談ではトランプが今後の好関係を強調し,独りよがりの蜜月を演じて見せたのに、急転の関係悪化となった。

バイロン


メッセージを送る