So-net無料ブログ作成
検索選択

モスル市街戦戦況 [中東]

イラク軍はISの本拠、モスルの旧市街に攻め入って,完全制覇は”数日後”だと発表。

旧市街の数画の住居に立てこもり最後の抵抗を行うIS兵士,既に数百人を切っている。

国軍は昨日、チグリス川にかかる最後橋を占領しISの退路をすべて封鎖したと発表。

旧市街に取り残された市民は5万人と見られるがISの盾となり残虐行為に晒されている。

バイロン

破局の危機ーハンブルグG20 [国際]

ハンブルグのG20を一週間後に控えて,ドイツメルケル首相は議会演説で,トランプの見解が国際社会と大きく懸隔しており,次のG-20が失敗に終わる危険があると懸念を表明した。

また先週 トランプの商務長官ロスはベルリンで開催中のエコノミックス カンスル セミナーヴィデオ メッセイジを送った。

その中で長官はトランプ大統領直々の対ドイツ要求として下記を明確にした。

 ・ドイツは原材料をロシアからでなくアメリカから輸入せよ。

 ・アメリカ車のドイツへの輸出にかかる関税を下げよ。

 ・欧州市場でアメリカ製品が大きなシェアーを得るようにしろ。

 ・もし上記が受け入れられねばアメリカは独自の自助方策(self-help)を採ることになる。

このセミナーに出席のメルケルを初めドイツ、EUの有力者がこのヴィデオも見て多くが嘲笑し、途中でヴィデオを切った。(ロスは80歳でトランプの横で居眠りをするので知られている。)

(ドイツ スピーゲル紙)

バイロン

イタリア難民救済に限度 [国際]

アフリカ北岸から地中海を越えてイタリアにたどり着く難民、違法移民の数,今年の前半で83,000人を超えて国連確認で、漂流中溺死した数が2030名。

先週末だけで12,000人が海を渡った。

彼らへの臨時の衣食住,医療の提供でイタリア政府は完全に手詰まりとなっている。

国連の仲介で,イタリアから分担してEU各国の受け入れが協議されるが,各国全く譲歩せずの惨状である。

国連人権保護諸機関はイタリアの現状は既に限界を超えて居るとし、アメリカを主に緊急救済を求めている。

しかし,トランプは難民問題にまるで関心を示さない。

イタリアは今後、力で渡航の船舶を追い払う土壇場に追い込まれている。

ドイツDW紙より)

バイロン
メッセージを送る