So-net無料ブログ作成

三海協商ートランプとポーランド [欧州]

トランプは明日のドイツハンブルグでのG-20会議に出席の途上、本日16時間だけポーランドを訪問中。

ポーランド系アメリカ人はトランプのアメリカにおける最大の票田。

既に来年の中間選挙、2020年次期大統領選挙に向け,異常な選挙活動を進めるトランプ。

中央ヨーロッパ連合構想を進めるポーランドはトランプの支援がほしい。

構想は”三海ーバルト海、黒海、アドリア海”周辺の中央ヨーロッパ諸国を糾合し,EUとロシアの間に緩衝国家連合を作ろう”との壮大なアイデイア、(三海協商ーThree Seas Initiative)と呼ばれる。

双方の緩衝地帯として”防疫線”の役割を果たそうとする。

トランプの出方が注視に値する。

バイロン

ヴェネズエラ議会襲撃 [アメリカ州]

混迷の度を深めるヴェネズエラ政情。

昨日はマドウラ大統領支持派が議会の警備陣を抜き議事堂に侵入。

議場で反大統領5名の議員に暴行,傷を負わせた。

議会は閉鎖状況で,多数議員、議会関係者、ジャーナリストが閉じ込められたままの状況。

バイロン

最大の自由貿易協定ー日欧 [経済]

米英が国際自由貿易に背を向けて,また中国は二国間交渉を好み強引な通商姿勢を採る。

斯様な風潮に立ち向かう多国間国際自由貿易の拡大の象徴として日本-EUの貿易協定が歓迎される。

日本に取り自動車、EUに取り酪農品が問題だったが,それぞれ経過期間を設定し,自動車、酪農品を含み相互の通商全品目の99%に付き、関税撤廃の合意がなった。

画期的国際協定の締結である。

さらに,とかく、英米が主張する悪名高い,”投資国紛争解決方式ーinvestor-state dispute settlement”は採用せず、また公的購入へ外国企業の参入を許す窓も広げられた。

欧州各国のメデイアはこの協定は特にハンブルグのG-20を控え トランプの保護主義に鉄槌を与えると興奮して歓迎している。

なお,これからだが,同協定の双方の批准手順が問題。

昨年カナダ-EU自由貿易貿易協定が,ベルギーの地方自治体まで批准を要すると,大変な時間がかかった前例がある。

バイロン
メッセージを送る