So-net無料ブログ作成

息を吹き返したユーロ経済圏 [欧州]

5年来の”珍事”である。

欧州19カ国からなるユーロ圏、本年度第二四半期のGDP成長率が前期比0.6%の堅調な成長ぶり。

オランダ、オーストリア、それにフランスの選挙で、ユーロ懐疑派、ポピュリズムが敗北し、経済機運に前向きの明るさが灯った。

これまで基調は明るかったが,今期を含み17四半期連続プラス成長。

宿痾の失業率も9,1%に改善し,ここ9年で最低の水準まで減ってきた。

対称的に、この期間、英国の成長率は,冷え込んでユーロ圏の丁度半分の成長率、0.3%に減速。

アメリカは,前政権の慣性が残り、0.65%の好調な成長。

バイロン
メッセージを送る