So-net無料ブログ作成

科学と畜産交易 [経済]

中国13億人の胃袋を満たすのは難行。

北豪州に牛、羊の家畜ステイションが多い。

今、豪州、中国間で、北豪州を中国の食肉供給基地に成長させようとの国際大企画が進行中。

問題は、防疫対策。

北豪州はブルータング病の発生地。

豪州資本と、中国資本が共同して防疫対策に目覚ましい展開が見える。

既に、インドネシア、マレイシア等、アジアへの生牛、生羊の輸出で豪州の拡大進出は顕著。

進行中の、豪中共同防疫作業。

FT紙が驚いて報じているが極めて高度に科学的。

偶々本日、ソラ―パネルの技術的飛躍につき、アメリカNBCが中国の驚愕の進歩の現状を報じている。

今度は、防疫の科学。

さて、思えば、日本は隣人中国に比べ話題にならない。

役人天国の岩盤的規制とやらで進歩のエネルギーは霧散してしまったのか。

バイロン


nice!(0)  コメント(0) 

南アに新風が吹くか [アフリカ]

絶対政権は絶対に腐食する。

南アフリカのジューマ大統領、8年に及ぶ彼と彼の政党アフリカ国家同盟(ANC)の剛力政権。

この間、海外資本との完全な癒着、汚職の横行、主要閣僚の入れ替えが続く。

アパルトハイト後の新生南アフリカ、国際社会の輿望を担い、アフリカ大陸経済的蘇生の機関車と期待されたが、今や、国家信認は地に落ちて国債はジャンクの評価。

リセッションに突入し、失業率は30%に近い。

8年の治世で8回の不信任動議を切り抜けたジューマ。

またもや与党より不信任動議。

反ジューマの世論が沸いて、議会議長 ムベテ氏の決定で不信任動議の決定に議員の無記名の投票が決まった。

現在、400議席中249議席を占めるANC。

党内に反ジューマの勢力が増している。

無記名投票だとジューマ敗北が実現するかもしれない。

ジューマ引退の展開を窺い、昨日株価は跳ね上がった。

投票は今週中。

若し不信任案が単純多数で決するとジューマは即時、大統領職を辞す。

30日間議会議長が代行し、その間、議会によるジューマ後任者が選定される。

バイロン
nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る