So-net無料ブログ作成

グアムにミサイル攻撃 [アジア]

滑稽な幼児的反応。

トランプの北朝鮮への挑戦的言辞。

国際的に、北の異常者と同列に自分を置く、子供の喧嘩。

ほぼすべての国が、トランプの幼児的言辞を戒める。

火と怒りで、世界がこれまで見た事も無い報復を与えると吠えたトランプに対し、北朝鮮はグアムの米軍基地を、4発の核弾道ミサイルで攻撃すると応じる。

中国の今日。

政府はトランプ発言を”例のない”、”滑稽な”発言と一蹴。

中国証券市場で株価は寧ろ上昇気味の落ち着きぶりである。

他方、明確な動きが出ているのが韓国。

文大統領は”韓国国軍の抜本的変革を至急強行する”と宣言を発した。

対北朝鮮の軍事的防御態勢は従来の場当たり改善では危険で、即時臨戦態勢を整えると宣言。

バイロン
nice!(1)  コメント(0) 

西豪州のボナンザ―蓄電革命 [経済]

世界は電気自動車に向かう。

世界は、電気自動車を走らせる蓄電技術、それに効果的電力使用の為蓄電池開発に向かう。

これからは蓄電池の時代。

西オーストラリアは蓄電池製造に不可欠の金属類に恵まれている。

リチウム、コバルト、ニッケルである。

ロンドンの金属市場でコバルト価格は今年になって73%の暴騰。

西オーストラリアの金属類、新需要の勃発に備えて世界企業が投資に躍起。

バイロン



nice!(0)  コメント(0) 

マナフォート家宅捜査 [アメリカ州]

昨年のアメリカ大統領選挙戦。

トランプの選挙指揮を執ったマナフォート、ロシアとの選挙妨害の共謀謀議の中心容疑者。

この男、アメリカの体制派メデイアの調べでは、叩けばいくらでも埃の出る極め付きの悪者。

ロシア要人との秘密会合にはかならず顔を出すし、ウクライナの政争に拘りプーテイン側近と近い。

ロシアのオリガークが常用する、アメリカ不動産取引を通じるマネーロンダリングにも深くかかわっている疑念がある。

トランプとその周辺は、官憲の捜査が近づくのを恐れマナフォート擁護―隠しの手段を繰り出している。

しかし、先月,FBIは彼の家宅捜査に踏み切った。

捜査は進展している様子。

バイロン
nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る