So-net無料ブログ作成

ハリリの謎ー帰国の巌窟王 [中東]

レバノンのハリリ首相は遂に昨日ベイルートに帰国した。

訪問中だったサウジ政府に幽閉されて首相辞任の発表を強要された疑いがある。

フランス マクロン大統領の仲介でパリに脱出。

その後 エジプトのシシ大統領、キプロスの元首と会談して、無事帰国とはなった。

サウジ滞在中のに首相辞任宣言だがレバノン大統領アオンはこれをハリリの自由意志によらぬと認めず,従い帰国のハリリの地位は不明。

大統領は ハリリと面談後、若し彼の辞任意思が決定的なら,議会に彼の後任を選出するよう要請すると語った。

このような騒動の根源はサウジの若き新皇太子モハメッドの動き。

イェーメンに仕掛けた”彼の戦争”。

イランを背後に反乱軍ホウテイが越境軍事行動のサウジに抵抗を強め,”圧倒的軍事強国”サウジ軍は負け戦が続く。

新皇太子の威信に傷がついている。

皇太子は,ホウテイの支援に,同じくイラン頼りのレバノンのヒズボラが参加しているとし、今回のハリリ追放に動いたとの見方が強い。

さて、ハリリを巡る中東の複雑な綱引き、日常茶飯事の”しゃっくり”と見て良いのか,それとも一方の雄、サウジの威勢のひび割れの始まりと見るべきか。

バイロン
nice!(0)  コメント(0) 

反アサッド軍勢の崩壊? [中東]

2011年アラブの春の騒動開始から、シリヤアサッド政府に戦いを仕掛けてきた内戦諸勢力。

2015年からは多くの反アサッド政府軍団はサウジの指導下に集結しHigh Negotiations Committee (HNC)なるを結成。

その代表者にかってアサッド大統領下で首相を務めたヒジャッブ氏が就任。

アサッドとたもとを分かち、アサッド打倒の旗頭だった。

今週、サウジはHigh Negotiations Committee (HNC)の作戦会議をリヤドに召集。

従来からの定例の会合。

しかるにヒジャッブ氏は、理由を明示せず、代表の座を放棄し辞任。

サウジーアメリカのバックーのシリヤ対策に転機か。

バイロン

nice!(0)  コメント(0) 

シリヤ和平の保障国ーソチ サミット [中東]

国連安保理での日米提案。

シリヤ政府が反政府軍にガス弾を使用した容疑を追及捜査すべきだとの提案。

これをロシアが拒否権を行使し拒絶。

同時に,ロシアは今週ソチにおいてシリヤ問題に付きロシア、トルコ、イランのサミットを主催すると公表。

今後シリヤの国体を決する重要会議となりそう。

トルコ外務省は、

 ・サミットで当面破壊し尽くされたシリヤに人道的救済が行き渡るよう手配する。

 ・今後シリヤ国に和平が定着するよう3カ国が共同して”保障”する。

 ・トルコは,シリヤ現政府に反対の立場だったがラッカの占領以降ロシアと共同し、現政権維持に立  場を変更した。

 と表明している。

アメリカ、サウジ連合のシリヤ対策に真っ向から反対のヴェクトル。

中東の新しい線引きが徐々に姿を現してきた。

バイロン
nice!(0)  コメント(0) 

サウジ皇太子ー汚職摘発 [中東]

サウジ アラビヤ 最高検事シーク モジェブは、汚職嫌疑ですでに11名の王族と200名のビジネスマンを逮捕し、彼ら所有の約2000の国内銀行口座を凍結したと語った。

また、汚職総額は1000億ドルに及ぶとヒント。

また、搾取されたカネの55%が海外銀行口座に移されており、近く、海外口座も差し押さえすると語っている。

一方、5スターホテル リッツに拘留されているお王族や有力者は皇太子周辺と個別交渉し、7割の財産の放棄と引き換えに身柄の自由を求めている、と伝えられる。

アラビアンナイト物語のおとぎ話のごときカネまみれの世界。

カネの切れ目が何とやらか。

バイロン
nice!(0)  コメント(0) 

仏大統領マクロン ハリリ救済 [中東]

サウジ リヤドで皇太子モハメッドと会談したフランス大統領マクロン。

記者会見で,”個人の安全の為、身柄を保護”されていたレバノンのハリリ首相が数日中にパリに出国すると語った。

ハリリはリヤド訪問中突如首相辞任を宣言したが,レバノン大統領アオンは宣言がサウジの圧力に依る物と認めず,サウジ政府にハリリの帰国を求めている。

バイロン
nice!(0)  コメント(0) 

レバノンの立ち位置ーハリリの苦悩 [中東]

サウジに幽閉されたかレバノンのハリリ首相。

先週はサウジ首都リヤドで異例且つ唐突な首相辞任宣言。

ようやく,昨日レバノンのテレヴィ局の女性記者が,リヤド”郊外”に”自由に”滞在しているハリリを見つけた。

彼女が伝えるハリリの現状;

・ハリリによれば彼はレバノンに明日にでも出国できる。.サウジ政府に幽閉されてる事実は無い。

・アメリカがヒズボラをテロ組織視、議会で最近独自の制裁を決定している。
 ゴラン高原でヒズボラと対峙するイスラエルロビーの要求通りの動きである。
 ハリリはこのアメリカ議会の機運を懸念し,その上,レバノンがヒズボラと更に現状の協力関係を 続けると,サウジが主導する反イラン運動の高まり(従い反ヒズボラ気運の高まり)で,アメリカ 議会に加えアラブ諸国からもレバノンに制裁を加えられる危険が生じている,と語った。

・ハリリはこれまでレバノンの国是であった中立主義(スンニ派にもシイア派にも与しない方策)は今 や不可能な政策で,自分の辞任は,レバノン国民が、両者の狭間に落ち込み苦しむのを救うための 行動だったと語った。

上記の報道にも拘わらずレバノン政府は,サウジに対しハリリの解放ー帰国を要求中。

バイロン

nice!(0)  コメント(0) 

きな臭いサウジの豪腕ーMBS [中東]

サウジの現王サルマンの息子、新皇太子、モハメッド ビン サルマン(略してMBS)。

32才の実力者は異常に活動的だ。

ここ数週間、彼の動きは世界の注目を集めている。

その主たる行動;

・レバノンの現職首相ハリリをリヤドに呼びつけ,首相辞任声明を強要。
 その後、彼をいずれかに幽閉。
 サウジ国民のレバノン退去、旅行禁止令を発した。
 小康状態だったレバノンのサウジーイランの代理戦争状態が,崩壊の兆し。

 レバノンヒズボラ代表、ナスララ氏はハリリの解放を求め、一連の動きはサウジの宣戦布告だと反 発。

・国内の政敵、特に王族の家族を汚職の廉で逮捕、超高級ホテルに拘束。

 国費の窃盗罪で、これから 秘密裁判。有罪判決後、罪人、罪状を明確にすると声明。

 窃取された金額は1000億ドルに及ぶと声明。

 容疑者は100名を超える模様。

・パレステイナ臨時政府代表をリヤドに呼びつけ。

 イランの介入に付き(ハマス対応)不満を表明。

・彼の外務相アルジュベール氏は,昨日アメリカNBCとのインタビューでイスラエルとの連携を否定 しない。
 ゴラン高原でイスラエルの対レバノン新規軍事行動の可能性、また協同して対イラン軍事行動の可 能性を探る。

・トランプ女婿クシュナンは公式にホワイトハウスの中東担当外交顧問。

 彼は先週、密かにリヤド訪問。
 
 年も近く,馬が合うMBSと夜を徹して秘密意見交換。(一切会談内容は漏れていない)

 上記外務相はサウジの外交行動はトランプの完全な支持、承認を得ていると強調している。

バイロン
nice!(0)  コメント(0) 

サウジとレバノン [中東]

昨日、サウジ外務相はレバノンに居住するサウジ市民、現地に操業するサウジ企業の即時帰国を命じた。
同時に,サウジ市民のレバノンへの旅行を全面禁止。

バイロン
nice!(0)  コメント(0) 

マクロンとレバノン [中東]

今週レバノンのハリリ首相は訪問中だったサウジアラビヤで、突如、首相退陣を表明。

以来、彼の所在が不明。

イラン寄りのヒズボラと接近しすぎるとしてサウジが詰め腹を切らせた疑いがある。

ハリリはサウジのいずこかに幽閉されている疑いがある。

レバノンは国を挙げてサウジにハリリ解放、帰国を求める。

かって,フランス植民地だったレバノン。

フランス大統領マクロンは本日サウジ首都リアド訪問予定。

大統領は出発に際し下記発言;

・中東地帯に安定性を確保することが重要。
 そのためレバノン問題をエスカレイトさせてはならない。

・サウジがイランに苦情が多いと理解するが,両国の衝突は避けなくてはなら無い。
 サウジの苦情について自分は理解できない。

・サウジとは根本問題について話しを詰めたい。
 協議の対象はイラン、イエーメン、レバノンだが、自分にはレバノン安定と結束が最重要。

バイロン
nice!(0)  コメント(0) 

奇怪なハリリ首相の退陣ーレバノンの混乱 [中東]

週末、サウジのリアドを訪問中のレバノン、ハリリ首相は、突然、首相退陣を表明。

これまで,イランの支持を受けるヒズボラ勢力と妥協して,国家経営に努力してきたハリリはサウジ国営テレヴィ、アル アラビヤに出演し退陣声明の理由として;

・イランはアラブ社会に介入する力を強化している。

・イランの支援を頼みにヒズボラがレバノン国をイランの人質にしている。

・イランの”腕”は切り落とされよう。

・自分は生命の危険を感じており,辞任するほか他に方法が無い。

公的訪問中の外国での奇っ怪な辞任表明。サウジの強権外交のごり押しか。

バイロン
nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る