So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
アメリカ州 ブログトップ
前の10件 | -

トランプと中間選挙 [アメリカ州]

中間選挙を11月に控え、アメリカの政情の移ろいが国際的関心事。

今月初めのワシントンポスト紙の世論調査で、トランプの通商政策ー彼の保護主義と抵抗報復関税の悪循環ーにつき全米では57%が反対。

一方、報復関税で被害が出ると予測される15の州では、逆に57%が賛成との結果がでている。

連邦上下院議会では、与党共和党内部にもトランプに離反する貿易戦争反対派が増えているのに、”現地”での反応の格差が際立っている。

あらゆる商業、産業団体がトランプ反対に回るが、現地との感触の差が奇妙。

政治評論家の解釈では、問題の15州は際立って農業州で農民の政治意識が低く、むしろ強いアメリカ、強いトランプに興味あり、盲目的に引きずられている。
報復関税のマイナスは農業には遅行性強くまだ実際の経済的損失を感じていない。

また15州は中国製品の洪水で在来地場企業が他州より多く消滅した”被害州”。
トランプの中国叩きには諸手の賛成。

貿易戦争の厳しいマイナス効果は時間が立たぬと顕現しない。

アメリカの有権者は未だ”戦争の危険”に得心が行かない。

バイロン
nice!(0)  コメント(0) 

トランプ追い出しロンドンデモ;25万人 [アメリカ州]

現代史でも異例の事態。

これほど不人気なアメリカ大統領訪英は無かった。

昨日アメリカトランプ大統領はロンドンからスコットランドのエジンバラに向かった。

彼の追い出しに、なんと、ロンドンの市街に反トランプのデモが”25万人”もの大群衆が集まった。

また同様デモは英国各地で起きている。

マンチェスター、シェフィールドが激しい。

昨夕、エジンバラに着いたトランプを空港で今度は”数千人”の反トランプデモ隊が迎えている。

彼は空港から自分のターンベリーゴルフ場へ向かった。

バイロン
nice!(2)  コメント(0) 

トランプとロシア [アメリカ州]

アメリカ法務省特別捜査官ミューラーは昨日、2016年のアメリカ大統領選挙において、ロシアの介入があったと12名のロシア情報機関員(それぞれロシア政府機関の所属場所も明示し)を告訴した。

訴状によると彼らは極めて巧妙な手法でトランプの対抗馬クリントン陣営の選挙関係者、全国民主党本部へハッキング、重要メイルを窃盗し一方、虚偽の選挙団体を通じて、窃盗情報をウェブで流し、アメリカの有権者を欺いた疑惑。

トランプは、ツイッターで”魔女狩りだ”と非難。

トランプは、ミューラーを初め、彼の上司ローゼンスタイン法務次官の罷免を画策しているが、さすがにこれは三権分立、民主政治機構を根底から叩き壊す禁じ手。

トランプは、すぐ世界が注視するプーテインとさしの対話に入る。

バイロン
nice!(0)  コメント(0) 

コーヒンの寝返り;トランプの悪行 [アメリカ州]

アメリカ大統領トランプに陰のように従い過去10年間大統領と彼の家族の最も信頼の置ける弁護士だったマイケル コーヒン氏。

マフィアと組まねば動きの取れぬとの世評あるアメリカ、なかんずくニューヨークの不動産業のチャンピオンにのし上がったトランプ。
解雇されたFBIのコミー長官が、トランプと周辺との会合を”モブ(マフィア)”の集まりと評している。
叩けば埃だらけの大統領。
コーヒンは問題のもみ消しに大活躍。

大統領選挙選でトランプがロシア勢力と結託し、政敵クリントンをたたき落とした陰謀につき、法務省特別捜査官ミューラー氏が執拗に追っている。
外国勢を利用した政治関与は重罪。

また、ニューヨーク南地区連邦検事局は、コーヒンの選挙戦の関与、選挙資金の不正使用、なかんずく、トランプの女性問題のもみ消しに違法資金操作の疑惑ありとして、捜査を深め、家宅捜査にも着手している。

10年間、トランプ家の一員のごとき密着さで、トランプの為なら”弾丸も受けよう”と、公言してきたコーヒン、昨日はABCのインタビューで、”トランプよりも自分の家族、国家が重要”と”爆弾発言”。

法務省、検事局との司法取引に応じる変化を見せた。

罪の告白と引き換えに刑罰の軽減を狙う。

彼の告白はトランプの過去のいかがわしい部分全てをあぶり出す。

バイロン
nice!(0)  コメント(0) 

トランプ包囲網;カナダの報復関税 [アメリカ州]

本日、7月1日を期してカナダはアメリカからの輸入品に報復関税を賦課する。

先週金曜日、カナダの外務相フリーランド女史は声明を発し;

・カナダはアメリカのWTO規則違反の鉄鋼アルミ製品への輸入関税に対抗し、応分の、過激で無い 報復処置を採らざるを得ない。

・アメリカからの輸入品目に、アメリカの不当課税額と等額の輸入関税を課す。
 
 課税総額は年ベイスで米ドル122億ドルとする。

 鉄鋼、アルミ製品の他、約250品目に10%から25%の報復関税を課す。
 
 主たる品目は、メイプルシロップ、ウイスキー、オレンジジュース、トイレットペイパー、ヨー グルト、ケチャップ。

・アメリカの鉄鋼アルミ製品への違法課税により、不当に損害を被るカナダの、鉄鋼、アルミ業界 に、15億ドルの政府の助成を実施する。

・アメリカの保護主義に対抗すべく、カナダは、EU、メキシコと共同して対抗策の検討に入った。


バイロン 
nice!(0)  コメント(0) 

血まみれのメキシコ総選挙 [アメリカ州]

本日、メキシコは大統領以下、国会、地方首長、および地方議会の総選挙の投票日。 

昨年秋口より現職大統領ニエトの後任選挙戦が事実上始まっていた。

有力候補者である左派の進歩派、”国家再生運動党”のオブラドール氏は全国にはびこる汚職、特に地方政治を牛耳る”組織暴力”の排除を謳い、人気がある。

しかし、彼の当選を阻止せんと地方のボスが動き出して、メキシコの歴史で最悪の政治的暗殺が記録されている。

公式に選挙戦が解禁された昨年の10月以来、130名の中央、地方の政治家が暗殺された。

ほぼ全員、進歩派、改革派の議員と候補者。

三日に一人が殺される異常事。

更に、未遂事件が500件を超えていると言う。

既遂、未遂含め、75%が進歩派を狙っている。

地方政治を我が物とする暴力組織は、麻薬が金を生む魔法の杖。

その蔓延振りは想像を超える。

彼らが、甘い汁を吸い続けるには、”変化“、”進歩“、”改革”を匂わす政治の動きを断固阻止しなくてはならない。

組織暴力の恐ろしい腐食力。メキシコだけの問題か。


バイロン



nice!(1)  コメント(0) 

民主党指導部に津波;オカシノ コルテズ女史 [アメリカ州]

アメリカ中間選挙の悲喜劇が展開中。

常軌を外れた共和党の豪腕トランプ旋風。

思いのたけ、たたきのめされて抵抗のエネルギーさへ失ったか、野党の民主党。

曰く進歩派が全国に薄く、確かに抵抗の人の輪を作りつつあるが、トランプのブルドーザーのような熱気に対抗できる人材は現れない。

その内の希望の旗頭、ニューヨーク州下院議員、過去10年選挙で無敗を誇るクローリー氏は全国民主党議員中、重要度第4位の重鎮。

今年の中間選挙で再選され、長年下院民主党代表(院内総務)を務めたペローシ女史に代わり、民主党の代表に選出され、さらには、選挙結果、民主党が勝利すれば下院の議長職をも襲うを期待された大物。

トランプのの猛攻に立ち向かえる民主党の希望の切り札とされてきた。

それが、昨日、ニューヨーク州民主党大会の下院議員候補者選出の予備選で初出馬、若輩28才のラテイノ,プエルトルコの両親を持つ、ほぼ無名のオカシノ コルテズ女史に"天地がひっくり返る”意外の敗退。

政治には経験が薄く、予備選でもクローリー氏は330万ドルの選挙資金を使ったが、コルテズ女史はたったの30万ドルしか使っていない。

"トランプが投げかける黒雲に立ち向かおう”と"国民皆保険、入国管理の緩和、国際物流の支援”等、単純なモットーの選挙選。

それなのに、予想を全く裏切って、重鎮を見事に打ち破ってしまった。

彼女は、11月には、アメリカ下院史上最年少の女性議員となろう。

民主党内部に激震が走っている。

党勢の立て直しに向け指導層、指導者選定に、大混乱が生じている。

2020年の大統領選にも大きな影響を持つ大地震である。


バイロン








nice!(0)  コメント(0) 

トランプとポルノスター捜査 [アメリカ州]

米大統領、トランプ周辺には腐肉の悪臭が充満している。

本日、ニューヨーク市南区の連邦検事局がポルノスター、ストーミーダニルズを強制招集。

トランプの個人弁護士であるコーヒン氏の複数の犯罪行為に関する捜査の一環として、彼女の証言を求める。

トランプの大統領選挙直前、コーヒンがトランプとポルノスターとの隠れた性的関係をもみ消そうと、13万ドルを彼女に支払い彼女の沈黙を約させた事実が明るみに出ている。

トランプの倫理的問題はさておき、その金はどこから出ているのか、が捜査の焦点。

当局はトランプの選挙資金からの支出で違法だとの疑念を持つ。

トランプはダニエルズとの"関係"を否定し、ただし、コーヒンのダニエルズへの支払金13万ドルはトランプ個人のカネで彼に補填し、選挙資金からの支出ではないと公言している。

コーヒンはトランプ、彼の家族と近く、トランプ一家の"問題”を"命をかけて"解決して来たと豪語。

当局は、彼が、トランプの”違法行為の全てに”関与していると強い関心を持つ。

ポルノ女優関連は氷山の一角か。


バイロン
nice!(1)  コメント(0) 

ブルンバーグ氏民出党支援に [アメリカ州]

元ニューヨーク市長、億万長者のブルンバーグ氏は第三党、独立派として知られるがこの度、11月の中間選挙では野党、共和党に8000万ドルの資金提供し、支援すると宣言。

トランプの共和党は民主党との対立のみ強調し、歴代大統領で最も少ない立法数しか議会を通せなかった、とし為政者として"失格”と決めつけた。

彼は下院で民主党が多数を取り戻す23議席の獲得は十分可能だと予測し、しかし、選挙戦で、民主党の公約をあからさまに”トランプ弾劾”とすることを批判。

トランプが壊した与野党の協調の精神、法の秩序の回復、を選挙目的とすべきだと主張。


バイロン
nice!(0)  コメント(0) 

トランプ後退;移民母子分離 [アメリカ州]

入国を求める母子に入国監査の間、母子を分離し、いたいけな幼児を籠のような容器に閉じ込める写真と、幼児の悲鳴がインターネットに流れ、トランプとその一味の代表格法務省長官セッションの厳格な移民対策ーゼロ トラレンスーに対する非難が全米を覆った。

昨日、トランプは大統領命令を発し、母子分離の停止を命じた。

具体的方法の指示は無く改善の行方は見えない。

中間選挙をひかえ、共和党内部から、トランプの非人道的移民政策に同意の動きをすると、同党候補の当選が危ういとの懸念が蔓延中。

与党陣営に亀裂が深まっている。

バイロン
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - アメリカ州 ブログトップ