So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

トランプ 基金を告訴;ニューヨーク州検事局 [ロシア]

昨日、ニューヨーク州検事局は20か月に及ぶ捜査の結果として”慈善基金―トランプ ファウンデイションー”が過去10年にわたり、慈善目的を離れ違法な支出を行ってきたとして連邦法、州法違反で州最高裁判所に公訴した。

違法支出は、トランプの選挙費用にも流れている。

被告は、基金の役員、即ち、トランプ自身と三人の子供(トランプ ジュニア―、イヴァンカ、エリック)。(公式役員会は1999年から一度も開かれていない)

公訴によると基金の即時閉鎖、基金資金の没収、トランプ以下三人の被告の慈善活動の停止を含み、4人に罰金約300万ドルの支払いを求める。

トランプは早速、トウイッタ―で告訴は”政治的陰謀”で、断固戦うと吠えている。

バイロン
nice!(1)  コメント(0) 

新イタリア政治潮流;左右ポピュリズムの落ち着き先 [ロシア]

左右両極端のポピュリズム。

イタリアらしい新しい政治の風。

五つ星党とリーグ党は連立合意に大童の工作が続く。

昨日、五つ星党員の総選挙で連立要項が承認された。

後はリーグ党員の承認待ち。

報道されたより過激さは無く、反EU色の強い五つ星党が譲歩した妥協案。

連立構成は、方法文書による契約方式で、ドイツの政治手法をまねている。

主要合意点;
・最貧困家庭に最低収入の国家補償。
・税制の簡素化。フラット税を導入し、減税。
・これまでの財政困窮を理由とした年金減額、社会保障の減額の見直し。
・現在国内にいる50万人の移民を国外退去させる。退去者の一時収容設備の建設。
・現EUのロシア諸制裁体制の完全破棄。ロシア外交の転換。
・当面、ユーロ離脱,EU離脱の国民投票は行わない。

社会保障費、移民対策費の大幅増額負担に比し、切り札の"減税"のアピール。

国債利率は跳ね上がり、株価が激落。

クヲバ デイス イタリア。

バイロン

nice!(0)  コメント(0) 

ナヴァルニーの逮捕 [ロシア]

1999年から首相、大統領として18年間ロシアを牛耳ってきたプーテイン。

3月18日の投票日には、更に6年間の大統領再選を狙う。

政敵はほぼ全て叩き潰した。

強敵のナヴァルニー(最後のモスクワ市長選に出馬、30%の票を集めたが現職に敗退。弁護士。)は昨年詐欺罪で執行猶予つきながら5年の禁固刑に処した。

彼はロシア憲法上”罪人”の公職就任は違法なので、大統領選にも出られない。

ナヴァルニーは、プーテインの操り人形メドヴェデフ首相の異常な蓄財振りをウェッブで暴露。

国民の驚愕をよび起こし、喝采を浴びた。

昨日、ナヴァルニーは全国に投票ボイコットの呼びかけ。

途端に彼はモスクワ街頭で検挙され、彼の事務所は強制捜査で破壊された。

その様がウェッブを走る。

ロシア国内のみならず海外にも大きな波紋が広がりだした。

尚、ナヴァルニーは同日釈放されている。

バイロン
nice!(0)  コメント(0) 

プーチンの胸の内 [ロシア]

ロシア セント ピータースブルグのスーパーマーケットのテロ事件。

プーテイン大統領は改めてテロとの闘争にFSB(旧KGB)の法規内での強力な対応策(必要なら現場での射殺を含め)を指示した。

同時に彼はテロに関し下記を強調。

・北部コーカサス、中央アジアのイスラム教徒はシリヤ、イラクのIS 支援に多数参加している。

・彼らはかっての旧ソヴィエット、現在のロシアに盾つくテロ集団である。

・彼らはシリヤの合法的政府に対しテロ行為を続けてきた。

 もし、彼らがアサッド政権転覆に成功していたら、その経験をもとに、ロシアへのテロ行為を大 規模に仕掛けてきたろう。

・ロシアはシリヤ、イラクで、IS撲滅の軍事行動をとったが、独りロシアの安全ばかりでなく、国 際的テロの排除に資して世界の平和に貢献したのだ。

バイロン

nice!(0)  コメント(0) 

ナヴァルニーの失格 [ロシア]

2012年に国民連帯党なるを結成。

翌年モスクワ市長選挙に出馬、落選。

爾来、プーテインの””独裁政権に楯突いてきたナヴァルニー氏。

今年はメドヴェネフ首相の蓄財振りをウェブに乗せて話題となった。

若者の支持が強い。

今年初頭、プーテイン周辺は彼を微細な選挙費用の用途につき"窃盗罪"で逮捕、有罪判決。

欧州裁判所の"政治的裁判”の抗議で、裁判をやり直し、再び彼を有罪とした。

来年の大統領選挙。

ナヴァルニーは選挙管理事務所に立候補届け出たが、同所は彼の"有罪判決の確定”で立候補資格なしと届け出を拒否した。

同氏は全ロシアを上げて抗議行動に出ると宣言。

尚、最新の世論調査で、プーテイン支持が驚異的な80%。

バイロン
nice!(0)  コメント(0) 

きな臭いプーテイン周辺 [ロシア]

無謀ともいえる買収活劇。

競争相手の石油企業を買いまくり、ロシアの最大石油会社にのし上がったロスネフト社。

社長はかってプーテインと国家秘密警察で同僚だったセッチン氏。

彼は前石油相ウリカエフに米ドル200万ドルの賄賂を手渡す現場を警察のおとり捜査でヴィデオに撮られている。

今年初めに収賄罪で収監され公判中のウリカエフの重大証人としてセッチン氏には裁判所の出頭命令が出ている。しかし彼は、今週、三回目の出廷命令を拒絶した。

西欧メデイアが注視する展開である。

一時は、プーテインの懐刀として権勢を高め、ハチャメチャな買収行動を押し通してきたが
最近はプーテインの対抗馬としてロシア政界への進出が話題。

元石油相の一連の汚職訴追はプーテインが勢力を伸ばしすぎたセッチンの追い落としに舵を切ったと見られている。

プーテインの承認無ければそもそも本訴訟事件は闇に葬られるはず。

来年の大統領選を控え、プーテイン周辺に雑音が聞こえ始めた。

バイロン
nice!(0)  コメント(0) 

プーテインに立ち向かうナヴァルニー [ロシア]

モスクワで弁護士業を営むナヴァルニー氏は41歳。

かねてより、プーテイン政府、国営企業の汚職を追及。

執拗に反プーテインの運動を繰り返し、今年だけでも3回の逮捕拘留。

いずれも”無許可で”モスクワ市内に街頭デモを扇動した容疑。

2013年にはモスクワ市長選に出馬しプーテイン一派のコビアニンに対抗、惜敗している。

爾来、ロシア内の反プーテイン運動の旗頭。

しかし、市長選後 プーテインはナヴァルニーの背景を徹底的に捜査させ、過去に詐欺行為があったと訴追。

ロシア最高裁はこの訴訟を退けている。

しかし、未だにプーテイン周辺では”詐欺行為”についての追加捜査が続いている。

昨年は、街頭で暴漢に襲われ劇薬を顔に振りかけられほぼ失明。

プーテインは”詐欺の容疑者なので”海外に治療に出ることを禁じたがEU他国際社会の猛抗議で、スペインに治療に出られた経緯もある。

ナヴァルニー氏は昨日釈放された。

彼は、”容疑者だとして政府より”公式にテレヴィラジオに出演を禁じられている。

従い、早速ソーシャルメデイアで来年の大統領選にプーテインを向こうに回し出馬すると宣言。

支持者の喝采を浴びた。

”容疑者”の立場に置かれると国法だと選挙に出られぬが容疑はプーテインの政治的暗殺行為だと繰り返し抵抗している。

バイロン




nice!(0)  コメント(0) 

プーテインの超長期政権 [ロシア]

ロシアの指導者としてプーテインは18年間の長期政権を維持してきた。

スターリン、ブレジネフに次ぐ長期権力者。

来年の5月の大統領選挙、彼のプードル犬、メドヴェデフ首相の漫画の様な蓄財振りをウェブに流して次期大統領選に出馬を画すナヴァルニーは政治的策謀で微罪の事件捜査に晒されて、出馬は不可能の様相。

その他の候補者は”すべて”過去の政治屋か泡沫候補。

ここに躍り出たのがテレヴィのヴァライエテイ ショーのホステス、36歳のソブチャック女史。

他の候補者は死に絶えたダイナソールか泡粒で真のプーテイン批判は一人もいない、と指摘。

従い彼女の選挙モットーは、プーテインを含め”すべての候補者に反対”の単純で勇ましい看板。

しかし、突然飛び出した彼女はまるで政治に経験を欠く。

プーテインに抵抗できる力は皆無、むしろ民意を亢進させ、”民主主義”を示す、プーテインの回し者、かませ犬だとの見方も強い。

プーテインは再選後、メドヴェデフを切り、以後、終に、引退後は中国の鄧小平に倣う隠然たる黒幕の力の温存を狙うか。

バイロン
nice!(0)  コメント(0) 

ナヴェルニーとテイーンエイジャー [ロシア]

昨日、"ロシアの日"記念を契機にロシア各地で反プーテイン、反汚職のデモが噴出。

音頭を取るナヴァルニーは、来年の大統領選挙にプーテインに対抗して出馬の意向。

彼はプーテインの右腕メドヴェデフ首相の汚職ぶりをウェブに流して全国に大きな波紋を起こしている。

首相は飼っている家鴨に豪華な小屋迄作っている。

昨日のデモ、特に若者、それもテイーンエイジャーが主役。

皆アヒルのバルーンを持って行進。

政府は機動隊を繰り出して,デモ弾圧。

モスクワで750人、セントピータースブルグで900人の逮捕者を出した。(FT紙報道)

また、同時にナヴァルニーも逮捕監禁された。

バイロン

ナヴァルニーの法廷闘争 [ロシア]

来年のロシア大統領選挙に,プーテインを向こうに回し立候補を表明しているナヴァルニー氏。

本欄でも触れたが同氏は3月にプーテインの右腕、メドヴェデフ首相が収賄を常習とし莫大な違法蓄財に走っているとヴィデオで暴露。

全ロシアに衝撃が走った。

贈賄者の一人と名指しされたオリガークのウスマノフはナヴァルニー氏を中傷罪でモスクワ裁判所に訴訟。

今週、裁判が始まった。

ナヴァルニー氏は贈収賄の事実を明確にするには,メドヴェデフ首相の証人喚問が必要と主張。

なお,ナヴァルニー氏はヴィデオ公開後、何者かに顔面に”緑の液体”を吹きかけられ,危うく一命を落とすところだった。

バイロン