So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

国際疑獄:一帯一路とマレイシア [アジア]

マレイシア マハテイール新政府は、前ナジブ政府が進めていた中国との3大インフラ計画ー鉄道、パイプライン建設ーの停止を決定。

中国政府機関と、横領疑惑で公訴中のナジブが主催したマレイシア国富ファンド(1MDB)との共同謀議の疑い。贈収賄の疑い。

手法はこれから明かされようが、プロジェクトに拘わる土地収用に土地の所有者になりすます1MDBが巨額の土地割譲金を懐にして居た疑惑がある。

3プロジェクトの総コストは邦貨3兆円を超す。

マハテイールは、プロジェクトの採算が合わず、として停止を命令。

鉄道建設計画は中国習主席の目玉である国策、”一帯一路”の重要部分。

マレイシアの中国との東国境から、クアラランプールを経て南タイに貫通の大鉄道計画。

既に、中国政府機関の公金が大量に投入済み。

プロジェクトの棚上げは習に大打撃となる。

中国、マレイシアとも主権者である国民の監視の目が届かぬ”政府機関”、”政府企業”が共謀して企ててきた”余りにアジア的”後進性を象徴する国際疑獄事件。

権威の壁に守られて、尊大さ、と無法振りを曝け出している日本の行政機構も、危ない。

バイロン

nice!(0)  コメント(0) 

マレイシア盗賊政治 [アジア]

前代未聞の大スキャンダル、マレイシアの前ナジブ首相の国富の使い込み。

昨日、汚職摘発委員会は、今や下野したナジブの党UMUNO、さらには連立を組んでいた小党の数々、その指導層の個人の銀行口座を封鎖。

長年絶対一党支配の奢りが、とてつもない大犯罪組織を作り上げていたようだ。

今回の当局の動きは 巨大汚職がナジブとその夫人の個人的犯罪に加え、汚れたカネが長期独裁政権維持にばらまかれていた構図をも示している。

バイロン
nice!(0)  コメント(0) 

盗賊政治;マレイシア 前ナジブ首相 [アジア]

アメリカを含め世界7カ国の官憲が、マレイシア前首相ナジブの公金横領事件を追っている。

例えば、アメリカ法務省はナジブの嫌疑として;

・ナジブが首相として主導し創設したマレイシア国富ファンド、1MDBから、450億ドルを窃取し  た。(内、6億8100万ドルがナジブ個人銀行口座に移されている。)

・1MDB資金は複雑な仕組みで払い出され、マネーロンダリングとして、ピカソ他の絵画、南カルフォ ルニア、ニューヨークに豪邸、ハリウッド映画制作会社の株、豪華ヨット(2億6000万ドル)、宝 石類、装飾品の購入に姿を変えている。

等、具体的な違法行為を追っているが、本犯罪は歴史上、最悪のKLEPTOCRACY(盗賊政治)の事案だと位置づけている。


バイロン



nice!(0)  コメント(0) 

トバ湖の悲劇 [アジア]

17,000もの島からなるインドネシア。

水上交通が民生の重要部分。

今月、スマトラ島の観光の目玉、トバ湖でフェリーが転覆。

事故から10日が経過したが、死亡者数が確定しない。

ボートの定員は60名と指定されているが、どうやら180名を超えた乗客だった様子。

乗客名簿も、乗船切符も発行されていない。

フェリーの航行許可書(船舶の航行能力許可)も無い。

無数の島を繋ぐ小型船。

海難事故、水難事故は絶えない。

中央政府は、船舶の航行、港湾の安全性につき、関連地方自治体に監督責任を譲渡している。

しかし、自治体に必要資金の分与が無い。監督の人材も無いに等しい。

無法に近い"海難大国"インドネシアの安全体制。

日本の支援が期待される。

バイロン
nice!(1)  コメント(0) 

トルコ長期政権確立 [アジア]

週末のトルコの大統領、議会、総選挙結果、現職エルドガン大統領、与党正義発展党が勝利。

2年前のクーデター騒ぎの後遺症で戒厳令下の選挙。

エルドガンは、新憲法も成立させており、行政府、その長(大統領)に他の民主主義国に例を見ない強権を与えている。

好例が、"首相職"の廃止。

大統領は、司法にも判事選定に決定力を有することとなる。

エルドガンは、強大な大統領権限を手にさらなる5年間の任期を確保したこととなるが、問題は山積。

例えば;

・経済過熱で、インフレ率は高騰し、新興国群を代表する為替リラは一直線に価値を失ってい    る。民政困窮化。経済政策に不安。

・欧州への移民問題でEUと意見の相違が拡大中。

・EU参加問題は、欧州側の反トルコ気分が収まらず、エルドガンはいらつきをまして、対立姿勢が強  まっている。

・国内クルド人問題は複雑化。
 テロ団体として非合法化されているクルド人の政党、国民民主党が10%以上の票を得て議会に議 席を持つこととなった。

・クーデター騒ぎの黒幕とされるグーレン導師はアメリカ在住。
 エルドガンは引き渡しを要求すれどもアメリカ政府は拒否。
 爾来、米トルコ関係は悪化。NATO内部の両者の関係が複雑化。


バイロン


nice!(0)  コメント(0) 

世界最年少女性首相の出産;ニュージーランド [アジア]

昨年、暮れに選出されたニュージーランド首相ジャシンダ アーダーン女史は37才。

同国では、三人目の女性首相だが、世界で最年少の女性首相で、且つ、現職首相として出産する世界二番目の首相となった。

昨日夕刻、オークランドの病院に出産のため入った。

正式婚姻では無く、首相の"パートナー”はテレヴィで釣り番組を担当する人物。

新生児の性別は公表されていない。

昨夜から、首相職は副首相が代行。

アーダーン首相は出産後6ヶ月の休暇が認められる。

尚、世界最初に首相在籍のママ、出産したのはパキスタンのブット首相だった。


バイロン

nice!(1)  コメント(0) 

盗賊の巣と義援金;マレイシア [アジア]

本日までのところ、マレイシア前首相ナジブと夫人から押収された違法蓄財振りが捜査機関で下記公表されている。

・35袋につめられた各国通貨。26カ国通貨で、総額1億2千万リンギット相当。
・37袋につめられた、金塊、時計、宝石類。総額を確認中。
・ナジブの夫人マンスールが所有するヘルメスのハンドバッグ、”バーキン”284個。
 一個が米ドル11,900ドルから30万ドルの超高価品含み、総額を確認中。


この盗賊の館の有様に怒り狂った国民。

同時に新政府の財務相がお国の財政状況は、ナジブが隠蔽していたところと大きく異なり、GDPの80%を超える借金の苦境だと発表。

ソーシャルメデイアに火がついて、お国を救おうと義援金の申し込みが吹き上がる。

政府は、取りあえずの受け口にウェブで”Hope Fund"を立ち上げた。

口座開設から数日、企業、個人からの義援金は3000万リンギットを軽く超えている。


バイロン
nice!(0)  コメント(0) 

好敵手メルケルと中国 [アジア]

ハイライトを当ててて見よう。

先月北京を訪れたドイツのメルケル宰相。

24.25日の二日間の公式訪問だった。

ハイライトを当てたいのは今回の訪問が、彼女の”宰相在任の12年間に、これで11日目の北京公式訪問”である点である。

先進国首脳としてこれはどの国より頻繁な北京との戦術的トップ外交である。

現在、ドイツの最大の交易相手国は中国となった。

双方交流金額は年間3200億ドルと驚異的な伸張ぶりである。

トランプの予測不能な外交姿勢で混乱が増す国際通商の最中、メルケルは、中国との強い協力関係を強調して、両国が今後、国際的"自由通商"環境の確保に協同すると合意したと述べている。

比較して、隣国の日本、対中関係に希望はあるのか。

好敵手、ドイツに何時でも先を越されて、知恵は無いのか。

バイロン

nice!(0)  コメント(0) 

ヴェトナムとエネルギー [アジア]

勤勉な国民性で着実に経済規模を拡大しているヴェトナム。

それに応じて、国内の電力需要がうなぎ登り。

お国は苦悩の決断を下した。

長年検討を重ねた2基の原子力発電所計画を破棄。

爆発的な電力需要を賄うとされた主戦投手を切り捨てた。

残るオプションは、石炭火力の増設、新規電力(水力、風力、太陽光、地熱等)の開発。

当面、手軽な石炭火力に依存を強めるが、昨今、同国の風力資源、太陽光資源の解析が高まり、幸いなことに両者ともヴェトナムは他国に比して大いに恵まれていると判明。

更に、同自然エネルギーの発電コストが、石炭火力をを大きく下回ると立証されてヴェトナムは新エネ大国へと舵を切ろうとしている。

問題は経過時間。

過渡期の問題として、一部の消費抑制も話題となっている。

バイロン
nice!(0)  コメント(0) 

北方四島とプーテイン [アジア]

モスクワのプーテイン安部会談。

記者会見でプーテインは北方領土に関し、解決の時が来た。

この際、両国間の関係の一層の深化、改善が必要だと強調。

既に合意済みの文化的交流に加え通商関係の拡大に務めると強調。

安部は四島問題に"新機軸"が訪れたとし、直接返還に触れず両国の"協同経済開発”で双方の密接化を図る、と述べた。

世界メデイアは第二次世界大戦の未処理の重大残務として、日ロ間の平和条約の不在を、改めて報じている。

バイロン
nice!(0)  コメント(0)